top of page

【個人サロン経営】月商150万円を超える!やるべきこと3選

個人サロンを経営していると

一つの指標としては、月の売上150万円というのがあります。




そこで、今回は150万円行くために必要なことを3つお伝えします^_^!

是非参考にしてみてください!

1.顧客単価と顧客数

まず基本的にエステサロンや美容院などで大事な指標が客単価です。

自社の客単価を把握していますか?

一人当たり平均するとどのくらい支払ってもらっていますか?


150万円売り上げているところは、1万円から2万5000円の客単価を軸としています。

ましてや少人数でやっているなら、なるべく高単価で満足いただけるように、サービスを考えることが大切です

ただ、最初から高単価なものを販売することに抵抗がある方もいると思います。

そこで使えるのが2ステップマーケティングという考え方です。

どういうことかというと

まずは、その売りたいサービスについての紹介をSNSやホームページを持っていれば、そういったところで宣伝します。(日々のルーティンにできるとベストです)

そこで、お客様は、あなたのサービスを試してみたいと思います

そこで次は、そのサービスのお試しを試しやすい価格で行います。

平均価格などは、ポータルサイト(ホットペッパービューティなど)をみてみるとお求めやすい価格がわかります。

そのお試しをした方に、都度の値段などをご案内します。

ここで、他社との比較が明確化されている商品は、都度払いでも売れるようになります。

このように2ステップを行うことで、スムーズ客単価、客数を増やすことができます。

時間はかかりますが、分析をもとにどんどん行っていくことが大切です!

2.ライバル分析

先程もあったように2ステップマーケティングをする上で大切になってくるのが他社との差別化

もっと言えば、御社にしかないサービスをご提供できるかが重要になります。

そこで大切になるのが、ライバル分析です。


あなたが出している地域のエステサロンにお試しでもいいので行ってみてください!

そこで何が差別化できるのかを考えてみてください!

これが、1番売上を上げるやり方です。


3.売上が上がった時のお金の使い方

そして最後は、売上が上がったお金の使い道です。売上が半年以上安定するまでは、売上が上がったからと言って、給料を増やそうとするとかなり危険です。


もちろん、ご褒美程度に自分に歩合を出すのもいいですが、売上の5%から7%にしてください。


とっても大切なことがあります。

それは、月商150万円いったら、その月商を半年以上続けるように運営していくことが大切です。

そこで、150万円いったら未来投資のために売上の3割はとっておいてください!


未来投資の使い道は、宣伝や新メニュー開発、従業員を雇うためなどいろんな使い道があります!

ただ、未来投資としての資金なので、自社が成長するためのお金だと思ってください!


是非やってみてください^_^!




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page