top of page

会社を運営するため、ブランディングが一番大切

企業やサロンにとって一番大事なことってなんだろう?

令和に入って益々経済が冷え込む中、このモノ余りの時代に、いったいどうやったら、自

社の売り上げを作れるのだろう?


実際、統計調査をすると

●欲しいモノがあるかと答えられる人は50%しかいない。

●これ以上モノを持ちたくないと答えた人は52%。

●購入して金欠になりたくない人は69%で7割。


お客様より、ライバル会社の方が多いんじゃないかと疑ってしまう。

でもこんな時代だからこそ、本当に必要なものにはニーズがあるのではなかろうか?

今はコト消費の時代と言われている。



コト消費とは:旅行、習い事、資格取得、趣味、飲食、パーティー、快適な空間など体験

や経験に対価を払うこと。

この体験から感動を生み、それが価値となって選ばれる時代。


では、その価値っていったいどうやったら生み出せるのか?

その価値を作ることこそが「ブランディング」なのだ。




ブランディングって一昔前までは大手企業だけのテーマであり、中小企業、自営にはそこ

まで必要とされていなかったかもしれないけど、今やC to Cで事業が成り立つ時代。

どんなものにも必要されている現状があります。


今後、企業や事業者が生き残っていくためには他社から顧客を奪うという発想から抜け出

し、「ブランド」という他社にない独自の価値を提供していくことで本当に欲しい顧客を

集客できるのではないでしょうか。



良い商品や良いサービスを持っていても、その価値が伝えられなければ、認知もしてもら

えず消えていくのです。

せっかくの強みを持ちながらそれを訴求する術を知らないだけで、諦めてしまうのはもっ

たいないのです!



今の時代こそ、顧客に認められ、選んでもらえる「ブランド」という価値が大切な要素な

のです。

今からでも遅くはありません。今こそブランディングに取り組むべき時代です。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page