top of page

社員を褒める時に使える言葉TOP5

今回は社員を褒める時に使える言葉やフレーズをご紹介します!

正直、褒めるフレーズや言葉っていままでの経験が結構左右するです。

だから、今までに褒められた経験がなかったりすると

なんて社員を褒めたらいいかわからなかったり

部下に対してどう言えばいいか迷ってしまって、ぎこちない褒め方になってしまったり…



特に日本の教育では、褒めるという文化が少ないので、

そこのボキャブラリーって結構少ないんですよね。

だから、今回は、経営者だけではなく、全社員が身に着けているとかなりいいです!


今回の話は、YouTubeでも見られますので!是非!YouTubeからも見てください!



早速見ていきましょう!

一つ目!直接的に褒める言葉フレーズTOP5

「〇〇さん、やるじゃない!」

「すごい!とても初めてとは思えないね。ありがとう」

「これ簡単なようだけど、結構難しいんだよね。最後までやり切ってくれてありがとう!」

「この資料、グラフが見やすくてよくできているね」

こういったものが、直接的に褒める時に使えるフレーズです。


特に部下を褒める時に使えます。直接的に褒める時に大事なのが、

やってくれた事・行動について褒めることが大事です。


例えば、資料作成とかで、何かを修正して欲しい時も、

「この部分直して」と言うのではなく、

「この資料、グラフが見やすくてよくできているね!ただ、ここだけ修正して欲しいな。そしたらよりよい資料になるかさ」などと言うと

部下も抵抗なくあなたの話を聞いてくれます。



2つ目!間接的な褒める言葉・フレーズTOP5

「社長が、〇〇さんの仕事ぶりが丁寧でいいって褒めてたよ」

「君のこと課長が褒めていたよ」

「今日の電話の受け方とても良かったね」

「この資料すごくいいね!さすがによく勉強しているよね」

「資料を見た後に、付箋で「最後までよく頑張ったね!すごくわかりやすくていいよ!」と伝える」

「今日の電話の受け方とても良かった」と言うのは、


社員にとって結構嬉しいフレーズだったりします。

上司が電話の受け方まで見てくれていると思っていないので、

不意打ちのように心に刺さるんです!結構嬉しいですよ。


そして、付箋で伝える方法も、おすすめです。

上司としては部下の仕事への集中力を邪魔しても意味ないので、

このような褒め方ができてるといいです!


是非やってみてください!

Comments


bottom of page