top of page

購買心理学を学ぶなら!パコ・アンダーヒルの本!

パコ・アンダーヒルって知っていますか?

なぜこのお店で買ってしまうのか?の著作として有名ですよね!


広告代理店で有名な博報堂とのコラボ著作の

ついこのお店で買ってしまう理由なども有名ですよね!



この本が本当に優秀なんです!

購買心理学のいろはを学ぶことができます!


パコ・アンダーヒルさんが、どのように購買心理学を研究しているのか?

どういった調査を基に、やっているのかが書かれています。

例えば、ひとりのお客様を尾行して、どういったものを買うのか?

そして、Aという商品を買ったら次は何を買うのかを調査しているんです


なるべく尾行がばれないようにチームを組んでやったり

そして、ビデオ調査をしたりして、どんな事が起きると、人は購買意欲がさがるのか、上がるのかを研究しているんです!




そこの第一章を読むだけで、自社で顧客満足度調査をどうすれば良いのかの手がかりがわかります!

顧客満足度=口コミとなっていますが...

それは、総合的な評価であって、実際の顧客満足度をしることができないです。

顧客満足度とは、いかにお客様が不満に思うポイントを減らせるかです。


つまり、口コミを見ていてもわからないことだらけなんです!

良い事を書いてくれていますが、反対に不満に思う点はなかったのかを知る機会が失われてしまいます...


正直!いい口コミを書かれると嬉しいので、満足しちゃいますよね!

じゃあどんな事が必要なのか?


まずは、マーケティングやブランディングの用語でもある

「カスタマージャーニー」というものを作成します


これは、自分たちのことを知ってくれる『認知』という段階から購入、リピート購入、ファンになるまでの過程でお客様がどのように感じるのかを書きあらわした物です!


それをより良くするためには、第一章に書かれていたパコ・アンダーヒルさんが考案された調査方法は使えます!


それよりも本題の購買心理学の話です!

そもそも購買心理学とは何か?


購買心理学とは、「お客様がつい買ってしまう心理的理由を調べる学問」です

つまり、購買心理学を学ぶことで、お客様が買いたくなるよう促すことができるんです!


そんなことができたらめっちゃ嬉しいですよね!

それが学べてしまうのが、パコ・アンダーヒルの本です!




これを読んだ時は本当に衝撃的でした!

人の心理はこのように働くのかと学びの連続でした!


その中、私が最も感銘を受けたものを!

それは「売る側と買う側の気持ち」という話です!

例として出されていたのが、「化粧品」

化粧品メーカーは、売る側としてとにかく洗練されたパッケージとキレイにディスプレイすることで売れると考えている。

しかし、買う側に取ってみれば、「使ってみたい...!」どうやったら使えるのか?を知りたいものです





最近デパートなどの化粧品売り場では、お試しが当たり前になっているが、エステサロンなどではまだまだ浸透が薄い印象があります。

POPとかで一言「お試しできます」と書くだけで変わるのに...

エステサロンにいかれた方ならわかると思いますが、結局きれいにディスプレイされているだけで、顧客目線の事はできていないことが多いですよね!


こうやってパコ・アンダーヒルさんの「なぜこのお店で買ってしまうのか」を読んでみると色々な気づきがあります!


是非!この人を聞いて、めっちゃいいと思った方は是非!読んでみてください!


閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page