top of page

ブランディングを成功させたいなら経営理念を創ろう!

経営をしていると必ず考えるのが、「経営理念」と呼ばれるもの

そもそも理念とは何でしょうか?


これは、「企業がどんな業種で、何のために存在し、何をやっているのか」を示すものです

つまり、この経営理念がしっかり顧客・従業員・取引先・株主など企業に関わる人に伝わっていることが大事です

そこで今回は、すでに経営理念がある方も必見の!経営理念をより良くするための3つのポイントをお伝えします!

これから作る方もこの3つのポイントを抑えて作れるといいです!





それでは、早速見ていきましょう。

1つ目に「経営者の目的・目指す方向がはっきり示されているか」

そもそも理念は、社長・経営者の想い・使命感・夢・ロマン・ビジョン・野心が詰まったものですしかし、あるべき姿の方向性を誤るといくらやってもうまくいかないので、目指すべき方向性がはっきり反映されているのか、あるいは誤りがないのかどうかを考えてみてください!


2つ目!「時代を超えて長期的に追えるものか?」

この考え方が重要です。どんな時代でも追える理念かが重要です。

ただ、あまりにも時代が変わりすぎて変更するべきものは、本質は変えずに言葉を変える必要があります。

例えば、昭和に作った会社の理念は、もしかしたらこの令和のテクノロジーとグローバルな時代には合わない可能性もあります。

ただ本質的な、創業者の想いや使命感・ロマン・ビジョン・野心の部分は変えずに、言葉を変えていくのが大事です。

ただ、これから作るときは、なるべく長期的に追えるものの表現で作っていく必要があります。


3つ目!「理念を実践する中で、人が育つ方向になっているかどうか」

この視点は物凄く大事です。

結局会社の経営や運営は、「人」が中心です。

その中でAIを使ったり、効率を図るためにアプリを使ったり。

でも、大事なのは「人」そして組織です。

つまり従業員が日常の生活で意識する事で、そして実践していくことで、本人が成長できる仕組みになっていることが重要になります。



今回は、経営理念について話しをしました。

これから経営理念を創る人は、この点を意識して

有名企業は一体どんな理念を創っているのかを調べて、自分の理念を作る中で参考にしてみるといいと思います。

すでに理念を作ってある人は、

この話しを参考により理念をブラッシュアップして、企業らしさが溢れる経営理念を作ってみてください!




最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page